養蜂日記

  • 画像準備中

    頼りになるはちみつドリンク

    2021.01.30

    スポーツを趣味としている人にとって、水分の補給は極めて大切な要素です。マラソン選手は自分に合ったオリジナルドリンクを給水ポイントで受け取りますし、テニス選手も複数のドリンクをブレイクタイムに補給します。単純に喉の渇きを潤 …

  • 画像準備中

    野生のサルが増えているようです

    2021.01.24

    養蜂場近辺に野生のサルがこのところ目立って増加しています。熊ではないので、彼らが巣箱を壊してはちみつをむさぼることはありませんが、養蜂場の安全を確保するために見回りは欠かせません。 最近の養蜂場見回りで雄紀がサルに遭遇し …

  • 画像準備中

    新型コロナウイルスへのはちみつ効果―臨床結果について

    2021.01.19

    結論から申し上げますと、ミスル科学技術大学での新型コロナウイルスへのリン試験結果は、2021年1月15日の予定日を過ぎて現在まで結果表示はありません。現在、結果集計中かもしれませんが、中間報告等のデータも表示がないので、 …

  • 画像準備中

    続 新型コロナウイルスへのはちみつ効果―臨床試験

    2021.01.07

      昨年6月4日のコラムでエジプトのカイロ郊外にあるミスル科学技術大学での新型コロナウイルスへのはちみつ効果の臨床試験について紹介させていただきました。情報元は、アメリカの国立医学図書館(US National …

  • 画像準備中

    #7 養蜂の未来-国産と輸入はちみつについて

    2021.01.04

    令和元年11月に農林水産省生産局畜産部で「養蜂をめぐる情勢」という題目で日本の養蜂事業の9項目にわたるデータが発表されました。財務省の貿易統計と農水省、畜産振興課による調査ではちみつの流通データが三番目に取り上げられてい …

  • 画像準備中

    令和3年、あけましておめでとうございます

    2021.01.01

    昨年は、春を迎える前から、新型コロナウイルスが世界を席巻し それに振り回された一年であったように思います 新年になっても、その勢いがおさまらないなか 密を避けるための静かなお正月を多くの人たちが迎えています   …

  • 画像準備中

    #6 養蜂の未来

    2020.12.29

    <27日のコラムに続きます> 日本の自然、その成り立ちのなかで、豊かさの陰に多くの自然災害があります。昨年のことになりますが、千葉県を直撃した台風があり、直後は養蜂場に行くこともできないほどその被害は大きなものでした。 …

  • 画像準備中

    #5 養蜂の未来

    2020.12.27

    君津の山里でみつばちの面倒を見ながら、その恩恵に預かる仕事をしていると自然への感謝とその興味尽きないメカニズムに畏怖の念を覚えます。 自然、気候、文化、食を考えることから始まったこのコラムですが、転飼養蜂や雄紀のテレビ出 …

  • 伐採 途中経過報告

    2020.12.16

    以前の父がブログで書いていましたが、(https://beeconcierge.biz/column/column-2491/蜜源作戦その1) 山の木を切っています。 とりあえず伐採状況はというとこんな感じ↓ 2020. …

  • 画像準備中

    #1 養蜂の未来

    2020.12.04

    未来の養蜂を考える時、大切なキーワードは自然、気候、文化、食ではないかと思います。これは、京都在住の親日家、デービッド・アトキンソンさんがご自身の著書の中で繰り返し述べている世界の人々から日本に関心を持ってもらうための要 …

  • 画像準備中

    ミツバチそして子どもたちのBUZZ

    2020.11.22

    バズるという日本語が定着しています。バズ(BUZZ)を辞書で引くと、ブンブンいう、ブンブン飛ぶ、がやがや言う、ざわめくなどとあります。日常のそれは、SNSで話題になることであり、「情報があっという間に広がる」ということを …

  • 画像準備中

    自然のバランス

    2020.11.20

    養蜂場近辺への蜜源となる木を植林するため里山の竹林や樹齢10年から20年くらいの樹木を伐採しています。昨年の今頃、伐採を行った場所には、既に数メートルの竹や樹木が茂っています。植物の生命力には驚くばかりですが、それはあく …