養蜂&はちみつコラム

厳しい冬を乗り越えて

忙しく出入りする働きバチ

写真は今年の最初の2段巣枠の働きバチの入り口の様子です。昨年よりも厳しい寒さ、そしてミツバチヘギイタダニの執拗な攻撃にも耐えて、早咲きの山桜を目指して巣を飛び出していく彼らを見ていると、感謝と応援の気持ちで満たされます。

養蜂場の入り口にあるマメザクラはご覧のように満開で、多くの外勤バチがその花にダイブしていました。もちろん、河津桜、アタミハヤザキもピンクの花を見事に咲かせています。

養蜂場の入り口にある満開のマメザクラ

ミツバチにとって待ち焦がれた開花の季節ですが、彼らだけでなく、生き物のほとんどすべてがこの季節を歓迎していると思います。

晴れの日ばかりではありませんが、それが自然のありのままの姿です。ミツバチや私たちの都合で自然は動いてはくれませんが、それを受け入れて、少しでも精励なるミツバチたちの仕事が報われるために、できるだけの応援をしたいと思っています。

斉藤克明

1つ星 4
読み込み中...

関連記事