養蜂&はちみつコラム

#1 はちみつ健康法 抗酸化物質による健康効果

純粋なはちみつ、特に色の濃いものにはポリフェノール、フラボノイドといった抗酸化物質が多く含まれていると言われています。この抗酸化物質は体内で発生する活性酸素を中和する働きがあります。

ポリフェノールが多く含まれるといわれる濃厚色はちみつ

テレビや健康関連のメディアでよく耳にする活性酸素ですが、この体内に発生する「さび」は、免疫機能の低下や老化を引き起こし、動脈硬化の原因となったり、がん、糖尿病、心臓疾患などを引き起こしたりする可能性があると言われています。

ポリフェノールやフラボノイドを多く含む食べ物の特集は、メディアにあふれていますが、日常で定期的に飽きずに継続的に摂取できるものとなると、簡単に見つけ出すことができません。

そこで注目していただきたいのが「はちみつ習慣」です。幸いなことに、私たちBee Conciergeが最も得意とする単花はちみつは、カラスザンショウですが、この濃厚な色のはちみつはもちろん、非加熱で何も足さず、引かずに作ります。

たとえばコーヒー、紅茶や朝のトースト、パンケーキ、ヨーグルトなどへの甘味をはちみつに替えてみてはいかがでしょうか。長い目で見て健康に繋がるのではないでしょうか。

斉藤克明

 

 

1つ星 2
読み込み中...

関連記事