• NEW 真夏の養蜂場

    2020.08.04

    8月になり長かった今年の梅雨が明け、ミツバチたちの活動が本格化しています。7月終わりころから咲き始めたカラスザンショウの蜜を集中的に集め、女王蜂は活発に産卵し、働きバチはそれを順調に孵化させるために巣のメンテナンスに余念 …

  • NEW あるアメリカのはちみつ博士

    2020.07.29

    前田京子さん著、「はちみつ日和」で画期的なはちみつ博士の実験に目が留まりました。その博士は「はちみつ+牛乳」だけで3か月間、他に何も食べずに過ごす実験をしてはちみつが理想的なエネルギー源であることを身をもって世界に知らし …

  • NEW カラスザンショウの季節になりました

    2020.07.27

    花の蜜を集めるミツバチ、春から秋にかけて、彼らが集める「花」、蜜源植物には共通して傾向があります。 どの蜜源植物も大規模に開花します。雪見草を例にとって、以前にコラムで芭蕉の弟子、曾良の句を紹介しましたが、雪見草のみなら …

  • NEW #1 はちみつラムカクテル

    2020.07.23

    今日は、はちみつで作るカクテルのご紹介です。簡単に出来て手間もかかりません。そして何より自家製ですからそれぞれの分量を変えることで好みの味を演出することができます。ぜひ一度お試しください。準備するもの ●ラム酒(ダークラ …

  • 新女王誕生のプロセス

    2020.07.21

    みつばちの社会にとって今の時期は繁忙期です。彼らの巣箱は驚くべきスピードで増殖します。そのために冬の時期はひと箱だった巣箱が今は、3段にまで増えます。 写真中央に二つ、左下に一つあるピーナッツの殻のような突起物は新たな女 …

  • 雄バチの役割

    2020.07.17

    今の時期、これほどまでに雨が続いても、ミツバチの活動は盛んであるといっていいと思います。山桜、アカシア、みかん 、クロバナエンジュ、雪見草、そしてどんぐりと君津の山里、そして川辺を賑わす植物の開花に合わせ、蜜集めに精励す …

  • 新商品 雪見草520g 2本セット

    2020.07.12

    今年の雪見草は豊作でした。すでにメールマガジンでは配信させていただきましたが、豊作記念雪見草520gの2本セットを6500円で販売しております。 春の終わりに咲く雪見草、その名前の由来は山肌を埋めるその白い花が雪のごとく …

  • アイスミルク+はちみつ

    2020.06.23

    丈夫な体の基本となる骨の健康を保つため毎日のカルシウム補給にコップ1杯の牛乳を飲むことを習慣としている人も多いと思います。これから季節、常温よりも少し冷やした牛乳が欲しいですね。 冷たい牛乳にスプーン(小さじ)一杯のはち …

  • クロバナエンジュ蜜取れました

    2020.06.05

    クロバナエンジュ蜜の採取が終わりました。昨年、千葉を襲った台風の影響を受けてか、今年のミツバチたちの集蜜は例年を下回っているのが君津の山里の現状です。それでも、一所懸命に働いている彼らには感謝の気持ちで一杯です。 さて、 …

  • 新型コロナウイルスへのはちみつ効果―臨床試験

    2020.06.04

    アメリカ国立医学図書館 (National Library of Medicine)のウェブからの情報ですが、エジプトのカイロ郊外にあるミスル科学技術大学(私立、生徒数20,000人、創立1996年)で新型コロナウイルス …

  • スプーン1杯の感動

    2020.05.09

    4月19日以降、Bee Conciergeのはちみつを購入して頂いた多くの方からレビューを頂きました。皆さんからのご厚意あふれるコメント、単科はちみつへのポジティブなメッセージ、そして味にこだわる方々からの称賛のお声、感 …

  • 自然への寄り道

    2020.05.06

    君津の山里3か所に主要な養蜂場を置いている私たちですが、はちみつの生産に徹頭徹尾特化しているわけではありません。多くの生き物が当然のことのように養蜂場という人為の場に寄り道します。 なるべく多様なはちみつを作るために3拠 …