養蜂日記

栗の収穫

 

写真は、雄紀が3年ほど前に植えた4本の栗の木から取れたものです。これがすべてではありません。2メートほどに育った栗の木4本からの収穫総量はおそらく5キロくらいにはなったと思います。無農薬、無肥料の地で育った栗ですが、茹でたものを食べてみると、甘味を感じます。もち米と一緒に炊き、栗ご飯を頂だいています。プロのパティシエさんであれば、この素材から色々なスイーツが生まれることでしょう。

そろそろ秋ですね。朝夕はめっきり冷え込むようになりました。早朝、公園で運動する常連のご婦人も半袖から長袖に変わりました。

養蜂場は、まだスズメバチの襲来に備えなければなりませんが、ミツバチの社会では、花蜜の収穫量が減少して、彼らが維持できる働きバチの総数もぐっと減ります。それでも、晴れた日には、寿命の伸びた働きバチが元気にバズって巣から飛び立っていく彼らの在り方に元気をもらっています。

 

斉藤克明

 

1つ星 1
読み込み中...