養蜂日記

#5 夜はちみつダイエット

6月6日からスタートした夜はちみつダイエットの実践ですが、3か月を経て現在体重は58.5kg~57.8kgを行ったり来たりしています。目標とする57.5kgまで1キロ以内になりました。3か月で2.5kgほどの減量ですが、それを達成することで何が得られるのかを再考してみました。

8月のコラムでは、ダイエットを楽しむこと、自分の日常を見直すこと、そして食のバランスを考えることの重要性を挙げましたが、結果的にゴールにたどり着いてそこで得られるものをしっかり認識しないとリバウンドはいつでも起こるように思います。

夜、就寝前1時間にはちみつを大さじ一杯摂取することで、テクニカルには、成長ホルモンの分泌を促し、睡眠の質を高め脂肪を燃やすというのが、田井ドクターの夜はちみつダイエットの論理ですが、もちろん、田井先生のみならずこの論理と実践指南はネット検索をすればたくさん出てきます。スリムな体を強調し、理想の体型を可視化した情報はたくさんありますが、それを継続させるためどうするかを包括的に考えられるところにはちみつの良さ、奥深さ、そして自然という概念の捉え方があるのではないかと私は考えます。(つづく)

齊藤克明(父)

1つ星 1
読み込み中...