養蜂日記

ひぐらしの声が聞こえます

ひぐらしの鳴く君津の山里

ここ君津の山里の夕暮れ、ひぐらし蝉が鳴き始めました

都会や郊外で蝉が鳴き始めるには今暫くかかりそうですが夏の終わりを彩るひぐらしというイメージがここ君津の山里ではすでに始まっています

梅雨のさなか、お日さまが恋しい時期ですが、今年は雪見草とクロバナエンジュが例年よりもかなり低い水準でした。

幸いなことにどんぐりは例年よりも多くの開花がありました

あとはこの地方の名産、カラスザンショウの開花を待つばかりです

ひぐらしの声を聞くと、幼少期には「そろそろ夏も終わるな」という感慨を持ったものですが、より自然の豊富な地域では夏の始まりからひぐらしの声が聞こえます

 

半袖だと少しばかり肌寒いこの季節ですが猛暑にでもひぐらしは太陽が落ちるころ鳴くのでしょうか

ミツバチたちの活動もひと段落、彼らの成果を頂いたこの季節彼らへの給餌が始まります

斉藤克明

1つ星 1
読み込み中...