養蜂日記

続 新型コロナウイルスへのはちみつ効果―臨床試験

 

昨年6月4日のコラムでエジプトのカイロ郊外にあるミスル科学技術大学での新型コロナウイルスへのはちみつ効果の臨床試験について紹介させていただきました。情報元は、アメリカの国立医学図書館(US National Library of Medicine)です。

Efficacy of Natural Honey Treatment in Patients With Novel Coronavirusと題された研究の概要は、1000人のウイルス感染者に対して、1日2-3グラムの純粋はちみつを14日間摂取してもらい、陽性から陰性に変わるかを調べ、はちみつを摂取しない感染者と比較するものですが、残念ながらまだ結果は発表されていません。

興味のあるかたは、前回のコラム同様の情報ですが、ClinicalTrials.gov Identifier: NCT04323345で検索してください。

はちみつの持つ抗菌、抗ウイルス作用については、多くの発表がなされていますが、即効性は期待できないにしても、ある程度の予防効果があるというようなことになればいいのですが・・・。

調査結果は、予定では今年1月15日となっています。あと一週間後の結果発表に期待したいものです。

 

斉藤克明

1つ星 いいね!
読み込み中...