養蜂日記

齊藤雄紀 #1 テレビ出演

皆さん、こんにちは。齊藤克明(父)です。

雄紀がNHK(E-テレ)のU-29、人生デザインに出演した時のことを時々振り返るのですが、今年、私がBee Conciergeのメンバーに参入したのをきっかけに再度、このブログをご購読いただいている皆さんに雄紀のことを紹介したいと思い筆を執りました。親バカなのですが、我が子雄紀のコメントに感動し、恥ずかしながら落涙を禁じえません。

このプログラムを担当したNHK千葉放送局の吉見匡雄さんのコメントを下記紹介させてください。

 

「ハチは裏切らないんですよ」と語った斉藤さんをもっと知りたくなった。普段は無口だが養蜂に対しての考えを懸命に絞り出して言葉化していく表情が魅力的だった。

小さい頃から生き物が好きで好きな事を仕事にした斉藤さんが毎晩、自分に言い聞かせている事がある。「この仕事が自分が生きていける唯一の道なんだぞ」と。そうしないと不安に押し潰されてしまいそうになるという。そんな精神状態のなかで「死ぬまでこの仕事を続けたい」と語る彼は格好良かった。

1人で仕事をして、1人で生活している斉藤さん。寒くなるこの時期に人恋しくなるという。冬場、ミツバチは寒さをしのぐためにお互いの体を寄せ暖め合う。そんな光景を見て一段と人恋しくなるのではと勝手に想像した。斉藤さんは自分のことを「基本ひとり旅が好きだけども、たまにムーミン谷に寄るスナフキンって感じですかね」笑顔で語ってくれた。

1つ星 2
読み込み中...