蜂の餌15分クッキング

この時期菜の花があまり咲いていない地域などは蜂のエサが不足してしまいます。

そういった場合、ミツバチに人工飼料を与えてやる必要があります。

今回はその作り方です。(今回の作り方は私の自己流なため、飼料の公式サイトの作り方とは少し異なります)

DSC_0007

用意するのは
・直径40cmくらいの大きめのボウル
・ミツバチ用配合飼料フィードビー1kg(注文すると20kgで届くので事前に小分けにしておきましょう)
・上白糖2kg
・水500ml
・出来上がった餌を乗せるトレー
・ラップ
です。

DSC_0009

まずはボウルにフィードビーを全部入れます。

DSC_0011

次に砂糖2kgと水500mlを鍋に入れ火にかけ、焦げないように気を付けながら砂糖を溶かします。

DSC_0017

DSC_0028

砂糖が溶けたら砂糖液をフィードビーの入ったボウルに全部移し、へら等でかき混ぜます。この時冷めないうちに手早くかき混ぜてください。

DSC_0030

DSC_0035 DSC_0037

全体的にドロドロになったらお玉などですくってトレーに移します。

周囲に花が咲き始めると飼料より花粉を優先して食べ始めてしまい、飼料は食べ残してしまうのでこの時期は一つのトレーに100g位入れればいいでしょう。ただしあまり巣箱を開けられない冬の時期の場合は一度に沢山給餌するのでトレーの限界まで入れます。

DSC_0040

あとはこれをラップで包めば完成です。

保存は冷凍庫に入れておけばしばらくは持ちます。

突然必要になることも多いので、ある程度作り置きしておくといいかもしれません。