養蜂講座 <巣箱が飛ばされないようにするために>  杭の作り方

強い風が吹いて巣箱が倒れてしまった。巣箱のふたが飛んでしまった。

そんな経験をお持ちの方いらっしゃるんじゃないでしょうか。

そんなあなたに朗報。私の風対策教えます。

と言っても杭を打ってロープで縛るだけなのですが。しかしこの杭が意外と高い。
長めのいいやつだと一本300円以上します。80箱分だと48000円もします。
しかしこれから紹介する方法なら材料費だけなら80箱分作っても6000円でできてしまいます。
やり方はホームセンターで売っている鉄の棒を杭に加工するというものです。

DSC_0045
DSC_0046まずこれくらい分厚い木の板を用意してドリルで穴をあけます。

DSC_0047穴が開いたら鉄筋曲板 http://amzn.to/2p9WhU7を取り付けます。

DSC_0049DSC_0050曲げ板を取り付けたらホールソー等を使って単管パイプが入るくらいの穴を開けます。

DSC_0051_CENTERそして庭などに出て開けた穴に合わせて単管パイプを打ち込んで固定します。これで準備は終了。

DSC_0056後は「曲げ棒」www.amazon.co.jp/dp/B001Y4ZIIU等を使ってテコの原理で曲げてしまえば杭になります。