冬到来

11月も終わりとうとう長い冬が来ました。

私の住んでいる君津では意外と霜がほとんど降りていないので凍死する蜂等はまだ出ていません。

この状態を維持して凍死者ゼロで春を迎えたい所存です

ところで、冬の間蜂達は何をしているのかとよく聞かれるのでお答えします。

何もしてません。

ただじっと巣の中で蜂蜜を少しづつ食べながら体を震わせて身を寄せ合って春が来るのを待っています。

そのためもちろんこの時期は蜜も採れません。

因みに冬の間養蜂家は破損した巣箱の修理したり春に採取した蜂蜜をうりさばいたり、蜂が食糧不足になっていないか見回ったりと意外と忙しいです。

特に私は事業をはじめたばかりのため新しい巣箱を作らないといけません。

巣箱にはいろいろな種類があるので100箱以上は春までに用意しなければ・・・

本格的な春までよく考えると3ヶ月半くらいしかありません。

冬が長いと言ってられません。急いで準備して来春に備えたいと思います。